埼玉県上尾市、東京上野で業務管理ソフトの開発と
ホームページ制作を行っています。

新着情報

HOME > 新着情報 > ホームページ掲載内容を考えるための3ステップ

新着情報

ホームページ掲載内容を考えるための3ステップ

2020.01.31

こんにちは!ライフコミュニケーションWEB担当です。


前回の記事では「採用活動に強いホームページをつくるコツ」についてご紹介しました。


今回は、「そもそも、まだホームページを作れていない!」

「あるにはあるけど、会社の基本情報くらいしか載せていない......」


という方のために、採用サイトを例に、

ホームページの掲載内容を考えるコツ

を、3ステップでご紹介します!


>>この記事のまとめを読む<<


<STEP1 ホームページの開設目的を明確にする>


まず初めに、ホームページを作る目的をはっきりさせます


ホームページを作る理由は様々です。

たとえば採用サイトを作る場合は、下記のような目的が考えられます。


・自社サイトからの応募数を増やしたい

・求職者に対して自社が求めている人物像を理解してほしい


今回は「自社サイトからの応募数を増やしたい」を目的としたホームページを想定して考えていきます。



<STEP2 閲覧者にしてほしい行動を考える>


STEP1で明確になった目的を達成するために、ホームページ閲覧者にどんな行動をしてほしいのかを考えていきます。


採用サイトの目的を達成するためには、もちろん求職者に自社のホームページから応募してもらう必要があります。

応募してもらうためには、自社に興味を持ってもらう必要があります。


では、自社に興味を持ってもらうにはどうすればいいのか?

次項でこの方法を考えていきます。



<STEP3 目的達成を意識して内容を考える>


ここまでのステップではっきりとした「目的」と「閲覧者にしてほしい行動」をもとに、実際の内容を考えていきます。


今回の例の場合は、「自社サイトからの応募数を増やしたい」という目的があり、

閲覧者には「自社に興味を持ってもらい、応募してもらう」必要があります。


上記を実現するためには、業務内容や福利厚生等、同業他社との差別化ポイントをアピールして、

求職者に自社の魅力を伝える必要があります。

また、興味を持った求職者が応募や連絡をしやすくなるような工夫も必要になってくるはずです。


このように、目的達成のためには何が必要になるのかを考えると、掲載する内容を具体的に決めやすくなります。


0から作るのが難しい場合は、作り始める前に同業他社のサイトを複数しらべ、

どんなところが良かったか等をまとめて、内容作成に生かしてみても良いかもしれません。




<まとめ>

今回は、採用サイトを例に、ホームページの掲載内容を考えるコツをご紹介しました。


ホームページの開設目的を明確にする



閲覧者にしてほしい行動を考える



上記を意識して内容を考える


この3ステップを実践することで、内容を考えやすくなります。

特に「ホームページの開設目的を明確にする」ステップは、掲載内容や構成、デザインを決める上でとても大切なので、

制作前にしっかりきめておきましょう!


ライフコミュニケーションのホームページ制作サービスでは、

目的設定から効果的な掲載内容作成まで、お客様と一緒に考えていきます。

ご興味がおありの方は、ぜひお問い合わせください。

お問い合わせは、こちらから

お問い合わせ・お見積り等、お気軽にご利用ください。

一般電話0120-106-910 受付時間
平日9:00~12:00 13:00~18:00

携帯電話 0570-007-782