埼玉県上尾市、東京上野で業務管理ソフトの開発と
ホームページ制作を行っています。

新着情報

HOME > 新着情報 > 「色」のイメージを理解し、つかいこなそう!

新着情報

「色」のイメージを理解し、つかいこなそう!

2020.02.14

こんにちは、ライフコミュニケーション WEB担当です。

今回の記事では「色」のもつイメージを理解し、ホームページ制作やチラシ制作にいかすためのコツをご紹介いたします。


>>この記事のまとめを読む<<


< 色の基本イメージを知る >

まずはじめに、「色」から連想される心理的イメージの一部をご紹介いたします。


情熱的、暑い、パワー、興奮、怒り


オレンジ活動的、親しみやすい、食欲、楽しい


黄色明るい、快活、元気、希望、危険


自然、安定、秩序、健康、くつろぎ


清潔、信頼、知性、誠実、静か


知識、専門的、自律、厳格


気品、威厳、優雅、不安


ピンク女性的、愛情、優しさ


色の与える印象は、この他にもまだまだあります。
インターネットで「色 イメージ」等のワードで検索すると、たくさん出てきますので、ぜひご覧ください。


<用途に合わせ、メインの色を決める>

たとえば、お店のホームページを作るとき。
「当社の誠実さや、技術の正確さを伝えたい」と思ったときは「青」を広い面積に使ってみてはどうでしょうか。
ホームページを見ているユーザーに、信頼感や誠実さを印象づけるきっかけになるはずです。


<メインの色を補う色と、強調色を決める>

上記の例では、メインの色は「青」です。
青を選んだ理由は「自社の誠実さや、技術の正確さを伝えるため」でした。
この目的を達成するためには、たとえば、補う色に「紺色」を選び、冷静さや専門性をアピールしていく等の選択が考えられます。


ただ、このままでは全体が同じような色になってしまいますので、強調したい部分(お問い合わせボタンや注目して欲しい文字等)に、目立つ色を1色使ってみましょう。
色や明るさ、鮮やかさのうち、2つ以上がメインの色と違う色を選ぶと、決めやすいですよ。
たとえば、今回の例で言えば鮮やかな「赤」を強調色として、仕事に対する情熱やパワー等をアピールしつつ、重要なポイントを目立たせていくと良いかもしれません。





<まとめ>

今回は「色」のもつイメージを理解し、ホームページ制作やチラシ制作にいかすためのコツをご紹介しました。


1)色の基本イメージを知る
2)用途に合わせ、メインの色を決める
3)メインの色を補う色と、強調色を決める


上記の手順に従って色を決めると、まとまりがうまれます。ぜひお試しください。


ライフコミュニケーションのホームページ制作サービスでは、
ヒアリングをもとに、貴社に最適なホームページのイメージカラーをご提案いたします。
ご興味がおありの方は、ぜひお問い合わせください!


< お問い合わせはこちらから! >

お問い合わせ・お見積り等、お気軽にご利用ください。

一般電話0120-106-910 受付時間
平日9:00~12:00 13:00~18:00

携帯電話 0570-007-782